本文へ移動

省力化機械のVAポイント

食品分野の省力化機械

省力化機械とは

省力化機械とは、人の労働力が行う作業する工程を機械化・共同化によって作業の手間や労力を省く機械のことです。また、省力化機械には危険作業や重労働の問題解決に加え、自動化することにより均一な製品を長時間生産することができるなど、生産性と製品品質向上の役割を担う面もあります。省力化機械によって《熟練度による品質のバラつきの課題》《人手不足による生産量の課題》《休日、夜間に生産活動を行うことの課題》といった課題を解決することができます。したがって、生産現場に対して「品質向上、コストダウン、生産性向上、安全性向上」といった効果を与える欠かせない機械と言えます。
食品分野で活躍する省力化機械には、除水装置や箱詰機械、反転ブロー装置、冷却装置、など多岐に渡っており、生産ラインになくてはならない機械となっています。省力化機械の導入メリットは、危険作業・悪環境下における重労働の開放や人為的ミスの防止の他、安定した品質の製品を量産や、人間に付着した塵や埃も嫌う高度なクリーン環境下の生産などが可能となる事です。省力化機械の製作においては、お客様ごとに要求事項が様々なため《課題解決のアイデア》とそれを実現させる《設計段階から検査工程までの卓越した技術とノウハウ》が求められます。
 
※食品省力化機械 VA・VE設計技術ハンドブックより一部抜粋
絹川工業株式会社 本社
〒924-0051
石川県白山市福留町378-1
TEL.076-277-0125
FAX.076-277-0508
 
野々市工場
〒921-8805
石川県野々市市稲荷3丁目19番地1
 
TOPへ戻る