本文へ移動

図面指示・設計変更

図面指示・設計変更によるコストダウンのポイント

☆はめ込み構造化による部品点数削減にポイント

before
after
▼ポイント
板金組立部品では部品点数が多くなればなるほど、位置決め・溶接・仕上げなどに多くの工数がかかりコスト高となります。また、裁断個数が多くなる上に仕掛かり品の管理も煩雑化します。したがって、なるべく部品点数を減らす工夫がコストダウンにおいて重要となります。設計者は部品点数を抑えるように板金組立部品を設計することでVA・VEを図ることができます。

☆穴を集約することによるピッチ精度向上のポイント

before
after
▼ポイント
製缶板金部品の加工においては溶接歪みが穴の形状やピッチに影響を与えることがあります。そのため、複数の穴がある製缶板金部品ではピッチを出すために極力一つの部品に穴を集約することが重要となります。設計者はこのようなピッチ精度を加味した展開の考え方を理解することで、板金組立部品のVA・VE設計に役立てることができます。

☆グラインダー仕上げ作業軽減のポイント

before
after
▼ポイント
板金組立部品では外観面など溶接する場合、肉盛りをグラインダーで処理する必要があります。グラインダー仕上げは手作業となり多くの工数がかかるため、なるべく加工対象となる箇所を減らす工夫をすることがコストダウンにおいて重要です。設計者は当事例のように溶接代を確保するなどの対策をとることで板金組立部品のVA・VEを図ることができます。

☆長尺部品のはめ込みによる位置決め簡略化のポイント

before
after
▼ポイント
板金組立部品では付け合せる部品同士が長くなるほど、ケガキ線による位置決めが難しくなります。作業上の気遣いが発生する上に、場合によっては手直しも生じます。そこで当事例のごとく、はめ込みによる位置決めをすることで付け間違いやズレの防止に繋がります。設計者は上記のような加工ポイントについても知っておくとVA・VE設計に活かすことができます。

☆部品形状の集約によるコストダウンのポイント

before
after
▼ポイント
板金組立部品では形状や穴の位置など、よく似た部品が複数できることが多々あります。この場合、仕掛り部品の管理工数が増加する上に加工現場の作業効率が低下するため、コストアップに繋がります。そこで、設計者は外観上および構造上問題が無ければ、当事例のように1種類の部品形状に集約することでVA・VE設計とすることができます。

☆穴ピッチの図面表記改善のポイント

before
after
▼ポイント
板金部品の図面では加工現場が困惑するような穴ピッチと穴位置の指示がされていることがあります。この場合は、改めて計算したり設計者の方へ確認が必要になるため、作業開始まで時間を要してしまいます。設計者は穴ピッチと穴位置について、当事例のような事情を加味して図面指示を行っていただく必要があります。

☆実測困難なR加工部の図面表記改善のポイント

before
after
▼ポイント
板金部品の図面表記では、加工現場での寸法確認が困難となるものがしばしばあります。そのような場合、加工現場では確認のため作業を止める必要があり作業効率が低下してしまいます。設計者は加工現場の作業を加味して明瞭な寸法指示を行うことでコストダウンに繋げることができます。

☆寸法表記位置によるコストダウンのポイント

before
after
▼ポイント
板金部品の図面寸法表記では、設計者が意図しない範囲で寸法精度に関する加工現場の過剰な気遣いが発生しているケースがあります。当事例のように寸法指示の意図が明確に伝わる表記を行うことで、比較的簡単に加工費のコストダウンを図ることができます。

☆規格品パイプの使用によるコストダウンのポイント

before
after
▼ポイント
パイプのフランジ形状の板金組立部品を製作する場合には、極力規格品のパイプを使用することで工数削減によるコストダウンを図ることができます。設計者は当事例のような丸パイプの他にも、角パイプやアングル材など、可能な限り規格材を使用できるように図面を起こすことでVA・VE設計を行うことが可能となります。
絹川工業株式会社 本社
〒924-0051
石川県白山市福留町378-1
TEL.076-277-0125
FAX.076-277-0508
 
野々市工場
〒921-8805
石川県野々市市稲荷3丁目19番地1
 
TOPへ戻る