本文へ移動

溶接加工

溶接加工によるコストダウンのポイント

☆溶接位置の変更によるコストダウンのポイント

before
after
▼ポイント
板金組立部品の溶接加工においては、熱による歪みが発生します。特にステンレスなどの溶接熱による歪みが起こりやすい素材の場合には、当事例のように歪み後の形状を加味して、溶接位置を変更することが有効です。角度直しが楽になり工数を削減することができるためです。設計者は板金加工の上記のような特徴を知っておくとVA・VE設計に役立てれます。

☆溶接における板断面付け合せ位置のポイント

before
after
▼ポイント
板金部品の溶接加工指示では、肉盛り溶接後の仕上げや開先溶接後の仕上げなど多くの加工時間が必要となるものが多くあります。当事例では『肉盛り溶接+仕上げ』から『断面付け合せTIG溶接+仕上げ』による工数を削減しています。設計者は溶接仕上げの加工工数を加味することで板金部品のコストダウン設計を行うことができます。

☆スポット溶接への変更によるコストダウンのポイント

before
after
▼ポイント
製缶板金部品の製作にあたっては、過度な溶接により歪みが発生し、その歪みの修正には多くの工数がかかることになります。設計者は上記の加工事情を理解し強度上問題がない範囲で溶接指示を簡略化することによって、工数削減によるコストダウンおよび外観品質の向上に繋げることができます。

☆点付け溶接による工数削減のポイント

before
after
▼ポイント
板金組立部品の製作においては機構上問題が無ければ可能な限り溶接箇所を少なくする工夫が必要となります。溶接には熱による歪みがつきもので、その修正にも工数がかかるためです。設計者は極力溶接箇所を減らすことができるように図面指示を行うことで比較的簡単にVA・VEを図ることができます。

☆ハット型製缶板金部品のコストダウンのポイント

before
after
▼ポイント
製缶板金部品の図面では、必要以上に複雑な別体構造により曲げ回数と溶接箇所が増える指示になっていることがしばしあります。強度的な設計事情などが無い限り、如何に曲げ回数および溶接箇所を減らすことができるかが製缶板金部品のVA・VE設計のポイントとなります。

☆丸棒と平板の付け合せ部品のコストダウンのポイント

before
after
▼ポイント
平板に丸棒を立てる板金部品では、当事例のBeforeのような図面指示になっているとケガキ線やポンチを使用して位置決めをして仮溶接を行います。対してAfterのような図面指示になっていれば、丸棒を差し込むことで位置ズレもなく直角手直しも容易です。設計者は上記事情を押さえることで、平板に丸棒を突き立てる板金部品のVA設計を図ることができます。
絹川工業株式会社 本社
〒924-0051
石川県白山市福留町378-1
TEL.076-277-0125
FAX.076-277-0508
 
野々市工場
〒921-8805
石川県野々市市稲荷3丁目19番地1
 
TOPへ戻る