本文へ移動

展開形状変更

展開形状変更によるコストダウンのポイント

☆一体構造の展開によるコストダウンのポイント①

before
after
▼ポイント
板金組立部品の加工では、展開の段階で何処に一体形状に展開できるかを考慮することが重要です。一般的に曲げ加工と比較して、溶接・仕上げ加工にかかる工数の方が大きくなります。したがって設計者は、このような加工事情を踏まえて加工現場からの展開方法の変更提案を許容することでVA・VEを図ることができます。

☆一体構造の展開によるコストダウンのポイント②

before
after
▼ポイント
一般的に曲げ加工と比較して、溶接・仕上げ加工にかかる工数の方が大きくなります。したがって板金組立部品の加工では、展開の段階で何処に一体形状に展開できるかを考慮することが重要です。設計者は加工現場で一体形状に展開できるよう考慮して板金組立部品を設計することでVA・VEを図ることができます。

☆展開形状を変更による工数削減のポイント①

before
after
▼ポイント
板金部品の加工においては、溶接とその後の仕上げ作業に工数が多くかかることから、展開する段階でいかに溶接個所を少なく抑え、曲げによる加工部分を増やすことができるかが効率的な製作において重要になります。したがって工数削減によるコストダウンを実現できます。

☆展開形状変更による工数削減のポイント②

before
after
▼ポイント
当事例では、展開形状を変更し溶接個所を少なくすることで工数削減によるコストダウンを実現しています。このように板金部品の加工では、溶接とその後の仕上げ作業に工数が多くかかることから、展開する段階でいかに溶接個所を少なく抑え、曲げによる加工部分を増やすことができるかが効率的な製作において重要なVA要素となります。

☆曲げ加工におけるアタリ面確保のポイント

before
after
▼ポイント
板金部品の製作するにあたりベンティングマシンによる曲げ加工を行います。その際アタリを設けて曲げ箇所の正確な位置決めを行っています。板金部品の製作現場では、当事例のようにアタリ面が斜めになる場合、アシを設けてアタリを確保するなどの工夫を行っています。設計者はこのような事情についても理解しておくことで加工に即した設計を行えます。

☆曲げ加工の膨らみ防止による工数削減のポイント

before
after
▼ポイント
板金の曲げ加工では、肉余りが膨らみとなって側面が盛り上がります。当事例では、この現象を考慮して裁断工程の段階で膨らみが発生する箇所を肉抜きすることで工数削減の対策を行っています。このように板金加工現場では、曲げ加工の特性を踏まえた加工コストダウン策を講じています。設計者は上記のような加工事情も知っておくと良いでしょう。

☆部品の一体化による工程削減のポイント

before
after
▼ポイント
板金組立部品の製作においては機構上問題が生じない範囲内で、極力溶接工程を割愛し曲げ加工で形状を作るようにすることがコストダウンのポイントになります。そのため設計者には、当事例のように曲げ加工による加工を考慮した構造上の図面指示が求められます。
絹川工業株式会社 本社
〒924-0051
石川県白山市福留町378-1
TEL.076-277-0125
FAX.076-277-0508
 
野々市工場
〒921-8805
石川県野々市市稲荷3丁目19番地1
 
TOPへ戻る