本文へ移動

省力化機械事業

省力化機械とは

省力化機械とは、人の労働力が行う作業工程を機械化・共同化によって、作業効率とコストパフォーマンスが高い機械のことを言います。また、省力化機械には、危険作業や重労働の問題解決に加え、自動化することにより、均一な製品を長時間生産することができるなど、生産性と品質向上の役割を担う面もあります。省力化機械によって、「熟練度による品質のバラツキの課題」「人手不足による生産量の課題」「休日」「夜間に生産活動をおこなうことの課題」といったことを解決できます。したがって、生産現場にたいして「品質向上、コストダウン、生産性向上、安全性向上」といった効果を与える欠かせない機械と言えます。

省力化機械の設計から製作まで一貫対応

自社で設計から製作する事で実現するコストダウン

省力化機械の設計・製作を行なっております。省力化機械では、特に食品分野での実績が豊富です。
省力化機械の設計から製缶板金加工での部品の社内調達、組立て、検査に至るまで自社で行うので、部品や組立のコストダウン案を設計へ円滑に反映させることができます。
製缶板金加工と省力化機械の設計・製作を一貫して行なえる強みを活かし、お客様の装置の設計・製作を承ります。
 
上で紹介した食品分野省力化機械は、エンジニアリングを有限会社アイ・エス・エス 製造は絹川工業株式会社の協力関係で行っています
TOPへ戻る