本文へ移動

サニタリー性向上

サニタリー性向上によるVA・VE設計のポイント

☆一体構造化による防水性向上のポイント

before
after
▼ポイント
食品分野の省力化機械では、架台フレームや筐体のような部品に対してもサニタリー性の観点から防水性が求められることが多々あります。その際は、当事例のようにフレームと天井板を一体化構造にするなどして、水抜けを防止する対策をとることがあります。設計者は上記のような設計方法を知っておくことで、省力化機械の品位を向上させるVA・VE設計を行うことができます。
 
※食品省力化機械 VA・VE設計技術ハンドブックより一部抜粋
絹川工業株式会社 本社
〒924-0051
石川県白山市福留町378-1
TEL.076-277-0125
FAX.076-277-0508
 
野々市工場
〒921-8805
石川県野々市市稲荷3丁目19番地1
 
TOPへ戻る