本文へ移動

機械組立

機械組立のコストダウンポイント

☆スライドレールの位置決め方法簡略化のポイント

before
after
▼ポイント
スライドレールは、物を搬送する省力機械で多く用いられます。食品分野では搬送する対象物が大きいことが多いため、2つのスライドレール上にテーブルを置いて物を搬送する使い方がされます。その際、スライドレール間のピッチ精度が求められますが、当事例のように簡易な位置決め方法があることを知っておくと、設計者はVA・VEに役立てることができます。

☆フック形状の切り込みによる組立作業簡略化

before
after
▼ポイント
機械の設計では組立の作業性を加味することが重要です。例えば、当事例では下向き面に部品を取り付ける際に、部品を保持する必要が出ることを考慮して、フックを入れて仮止めができるように工夫しています。組立作業性を考慮することにより、工数削減によるコストダウンを図ることができます。

☆プレス・板金化による部品コスト削減

before
after
▼ポイント
機械に使用される部品には、機械加工で製作される部品が多く用いられます。一般的に機械加工部品は、プレス・板金部品に対して単価が高いことが多いため、強度物性上問題が生じない範囲内で、プレス・板金部品に置き換えることによってコストダウンを図ることができます。

☆角パイプ規格材使用による部品コスト削減

before
after
▼ポイント
機械にされる部品には機械加工で製作される部品が多く用いられます。規格品の角パイプは機械加工部品よりも断然コストが安く、寸法および強度物性上置き換えが可能であれば、機械加工部品に替えて規格品の角パイプを使用することによってコストダウンを図ることができます。

☆位置決めダボによる組立作業簡略化

before
after
▼ポイント
機械の組立作業では、組み付ける部品の位置決めに多くの時間を要します。そこで、当事例のようにあらかじめ、ダボ・タブ・ノッチを設定しておくことで、組立作業の時間を短縮することができます。また、組み付けの間違いを防止することにも繋がります。

☆固定ボルトの個数削減によるコストダウンのポイント

before
after
▼ポイント
機械の組立では、位置決めを兼ねて必要以上にボルト固定箇所を設定されていることがあります。その場合、位置決め目的のボルト固定箇所をダボと穴で位置合わせをすることで、組立の工数を削減することができます。ただし、必要な取り付け強度は満たす必要があります。

☆一体構造化による溶接工数削減のポイント

before
after
▼ポイント
省力化機械の製作においては、溶接を行う箇所が多いほど工数が増大しコストアップとなる傾向があります。一体構造にしてプレスや曲げ加工で製作できる部品を多くすることで、製作費を抑えることができます。したがって、強度および外観品質上問題が無い範囲で、極力部品を一体化することを考慮して設計することによりVA・VEを実現することができます。
絹川工業株式会社 本社
〒924-0051
石川県白山市福留町378-1
TEL.076-277-0125
FAX.076-277-0508
 
野々市工場
〒921-8805
石川県野々市市稲荷3丁目19番地1
 
TOPへ戻る