本文へ移動

その他

その他、板金組立部品のコストダウンのポイント

☆抜き工程でケガキ(ポンチ)をつける

before
after
▼ポイント
板金部品でC面を付ける場合には、目印となるケガキ線を入れることがありますが、量産部品となると全てを手作業で行うことは大変非効率となります。そこで、事前にプログラムを組みレーザー加工機やタレットパンチプレスで目印を入れることにより、はるかに作業効率が上がります。さらに、ケガキ線がズレることもなく品質改善にも繋がります。設計者は板金部品の製作数量によっては、当事例のようなコストダウン対策を取れることを知っておくと良いでしょう。
 
※板金組立部品 VA・VE設計技術ハンドブックより一部抜粋
絹川工業株式会社 本社
〒924-0051
石川県白山市福留町378-1
TEL.076-277-0125
FAX.076-277-0508
 
野々市工場
〒921-8805
石川県野々市市稲荷3丁目19番地1
 
TOPへ戻る